SECRET仲介手数料無料のしくみ

諸費用ってなんですか?

不動産を買うときはたくさんの諸費用がかかる…

多くの人はこれが決まり事だと思っていますよね?

では、どんな費用がかかるのかご存知ですか?

4,500万円の新築一戸建てを買った場合は合計357万円の諸費用が必要です。

これを計算すると、物件価格の8%が諸費用となります。

では、諸費用の内訳を見ていきましょう。

ここで多くの割合を占めているのが「仲介手数料」です。

この「仲介手数料」は、誰に支払うものなのでしょうか?

それは、不動産仲介会社です。


仲介会社ってなんですか?

販売されている不動産には、必ず売っている人、つまり「売主」が存在します。

当たり前のことですが、買いたい人はその「売主」から買う訳です。

野菜を農家さんから直接買うのと一緒ですね。

しかし、不動産は野菜と違って、取引価格が非常に大きな商品です。

取引価格が大きいということは、買う人にも大きなリスクを伴います。

つまり、失敗できない。

そこで登場するのが、不動産仲介会社です。

仲介会社は、色々な物件を取り揃えた「物件案内所」というイメージを持っている人も多いと思いますが、売買取引におけるリスク調査や価格交渉、売主や金融機関との調整が大きな仕事です。

野菜を直接農家さんから買うのではなく、しっかりと検品された野菜をスーパーで買うのと似ていますね。


仲介手数料ってなんですか?

大切な不動産取引のエージェント的な役割を担う仲介会社へ支払うのが仲介手数料です。

この手数料は、宅地建物取引業法という法律で上限が決められています。

一番簡単な計算方法は、物件価格の3%+6万円+消費税となります。

この6万円は何なんだ?と思われる方もいるかもしれませんが、少し難しいので省略します。

(詳しくはコチラ)

ここで重要なのは、「上限」となっていることです。

「4,500万円の物件価格なら最大152万円ですよ」ということです。

つまり、仲介手数料は必ずしも規定通り支払わなくてもいいのです。


なんで仲介手数料が0円になるの?

仲介会社は不動産を買う人のエージェントとしての役割もありますが、売主のエージェントとしての役割もあります。

つまり、買主となるお客様を売主へ紹介するという仕事です。

そのため、無事に取引が成立すれば、売主も仲介会社へ仲介手数料を支払います。

4,500万円の物件なら、買主から152万円、売主から152万円、合計304万円が仲介会社の儲けとなります。

ここで、不動産購入を考えている貴方の気持ちを代弁しましょう!

そこで、ゼロアシストでは、「売主から仲介手数料が出る場合は、買主からは仲介手数料をいただかない」という仕組みを作りました。

諸費用の43%を占めていた仲介手数料が0円になれば、家計の負担も大きく減らせます。

これがゼロアシストの提案する「新しい不動産購入のかたち」です。


ゴメンなさい。0円に出来ないケースもあります。

多種多様な不動産があるように、多種多様な不動産の売り方があります。

代表的なものとして、一度買った不動産を売っている場合(中古物件)です。

「マンションを買ったけど、やっぱり戸建に住み替えたいな~」

この時、売主は仲介会社へ売却を依頼します。

つまり、売主には専属の仲介会社(X)が決まっています。

この場合、買主のエージェントである仲介会社(Z)には、売主からの手数料は入ってきません。

「仲介会社儲けすぎ!」

でも

「0円では商売成り立たない!」のです。

そこで、ゼロアシストでは、「売主から仲介手数料が出ない場合は、買主からの仲介手数料を半額にする」という仕組みも作りました。

4,500万円の物件なら、物件価格の1.5%+3万円+消費税 となるので、仲介手数料は76万円となります。


もっと安心を!

わたしたちゼロアシストでは、手数料の割引サービスだけではなく、不動産の購入を安心して行えるように様々なお約束をします。


仲介手数料の名目以外で報酬等をいただくことはございません

銀行手続代行手数料や、調査費用といった、仲介手数料以外の報酬等は一切頂きませんのでご安心ください。


その不動産が持つリスクも隠すことなくご説明します

安い物件には安い理由があります。購入検討の段階で、しっかりと調査して、ダメな所はダメと隠さずお伝えすることが私たちの仕事です。


仲介手数料は成功報酬とします(0円にならない場合)

仲介手数料が半額となる場合でも、前金や中間金等は頂きません。仲介手数料は成功報酬として、引渡時に一括でのお支払でOKです。


そっと寄り添うサービスを提供します

お客様の主体性があってこそ、本当に欲しい不動産に出会うことが出来ます。仲介会社はそのお力添えをすることが使命です。ゼロアシストでは、会員登録や電話営業等は一切行わず、お客様に寄り添うサービスをお約束します。